5月18日 (金)  ジャコウアゲハ

暫く、新聞に、ガラパゴスについての、連載が在りました。
ゾウガメやフィンチなど、ダーウィンの進化論に関する話から、観光地化に於ける、ゴミ問題など。。。
日本でも、世界遺産登録後のゴミ問題など、出ております。
是ばかりは、人間が出入りする以上、避けられない問題なのでしょう。
私も、車に乗り、電気を使い、ゴミを出さなければ生きては行けません。。。
人間が居る以上、野生は失われ、自然との共存は無理なのでしょう。。。

最後に、今日の連載では、未だに、現地に於いて、
 「ゾウガメが密猟され、食べられている」現実が記述されていました。
ガラパゴス以外でも、亀は現地の人々にとっては、昔から変らない「食料」なのでしょう。
日本も、「米が余っているのに、輸入したり・必要も無い、ダムや橋を作るのにお金を出すので無く」、
更には、日本より、国民総生産(格差は大きいようですが)が多く、NOxを撒き散らし、
戦後の日本の様に、「人間様」の事しか考えていない国へ、払うお金を無くし、
「国内をはじめ、(立ち入り禁止にする為の土地を買い漁って欲しい)。是こそが、自然保護だと思うのですが」

さて、今日の蟲は「ジャコウアゲハ Atrophaneura alcinous ♂ 」です。
赤いお腹は見えませんが、カロウジテ「赤い襟巻き」は見えています。
ナゼカ、「ドクダミ」の群落の上を行ったり来たり。。。テリトリーなのでしょうか???
そして、この山では、食草の「ウマノスズクサ Aristolochia debilis 」を見た事は在りません。
ダカラカ???♀を見かける事は、本当に稀です。
以前、飼育する為に鉢植えにしてあるので、職場へ持っていって、産卵していただけたら、嬉しいナァ。。。
FOMA SH903i

20070518-1.jpg