Diary 2004. 11
メニューに戻る
11月1日 (月)  ミミズク

今日の蟲、ミミズクは、以前、幼虫らしい物を載せました。
今日、成虫を見つけ、過日の幼虫も、ミミズクだろうと、更に思い込んだのですが・・・・
見れば見るほど不思議な蟲ですが、裏返すと、蝉に近い仲間だと、納得できます。。。
因みに、この個体は、蝉な感覚で行くと、♀のようですが・・・

夕方、発表会が終わってからは始めてのギターとウクレレのレッスンがありました。
ギターの次の課題曲は、私の希望で押尾コータローアレンジのボレロ。弾けるようになるのに1年覚悟です。。。
ウクレレはカイマナヒラ。こちらはスタンダードですが、リズム取がなかなか曲者です。。。

20041101-1.jpg 20041101-2.jpg



11月2日 (火)  フタモンアシナガバチ

今日の午後は3階建ての屋根より少し高いくらいのシラカシの剪定をしました。。。。(午前中は其れより少し小さめ。。。)
この手の樹は大体、3年周期くらいで剪定しますが、大きい為、結構疲れます。。。

木の下に落ちた枝を片付けている時、植え込みの中で見つけました。
既に、新女王と、♂は飛び去ってしまったのでしょう。。。。
残された働き蜂は触っても平気なくらいでした。。。

20041102-1.jpg



11月3日 (水)  キンケハラナガツチバチ

今日の午前中は、MyF1♂と公園で遊びました。
ブランコに平気で乗れるようになっていて、日々の成長に驚きです。

午後は蟲の世話を少し。。。
ヤンソニーテナガコガネの♀が無事に羽化していました。
もう一頭、羽化していました。ラベルは♂と、なっていたのですが・・・・
近日中に画像をUPします。

そんな蟲の世話をしている最中に花壇に飛んできたのが、
今日の蟲、キンケハラナガツチバチ。
コガネムシの幼虫がホストの狩人蜂です。。。
テナガコガネの幼虫は勘弁して下さい・・・・

20041103-1.jpg



11月4日 (木)  マレーテナガコガネ

いきなり、今日の蟲・・・・

 マレーテナガコガネ Cheirotonus peracanus
が、今日、届きました。。。
 現在、目の前で、B♀(右前肢符節ナシ)と♂が交尾しています。。。
 
 マレー半島のリゾート地、キャメロンハイランドが有名な産地です。
 私が、中学生時代、初めて手にしたテナガコガネの標本もこの、マレーテナガコガネでした。
 当時はテナガコガネを種別に扱っている図鑑などなく、テナガコガネは全て同じだと、思っていたほどです。。。
 幼少時より、夢見ていた蟲が目の前に居るのです。。。
 実は、ヘルクレスオオカブトを始めて手にしたときも、これほどの感動では在りませんでした。。。
 私は、やっぱり、テナガコガネが好きです。。。

20041104-1.jpg



11月5日 (金)  マキシムスマルバネクワガタ

1日遅れで、今日届きました!!
 念願の大歯型です!!
  デカイです!!

 かねてより、興味大だった、マルバネクワガタ。
 幼虫を手に入れると、次は大歯型を見てみたくなりますよね!!
 国産種の大歯型は高くて買えません・・・・
 何とか探し当てました!!
 68mm の堂々たる体格です!!

 数年ぶりに、クワガタの成虫を購入したのですが、
 重厚感に見惚れています。。。。

20041105-1.jpg



11月6日 (土)  ヤンソニーテナガコガネ

今朝、MyF1♂を病院の定期健診に連れてゆくと、第一土曜日は休診でした・・・
しょうがないので、マックで朝食を食べた後、MyF1♂の大好きな電車に乗りに。。。
2駅だけ乗って、帰ってきましたが、MyF1♂はご機嫌です。。。

さて、今日の蟲。ヤンソニーの♂が、羽化しました!!
 撮影時は無事のようでしたが、あまり、外気に触れさせて居たくなかった
 (明かりも見せたくなかった)ので、2枚だけ撮影して、すぐに蓋を・・・・なので、携帯でなく、デジカメ撮影です。。。
 
 今回、マットを取り替えたばかりで、材(壁木)も無く、乾燥気味の非常に脆い蛹室でした。。
 あれこれと、対策を逡巡しておりましたが、蛹が色付いた頃思いついたのが、
 蛹室に濡らした新聞紙1枚を貼り、崩壊を防げないか・・・です。
 早速、試してみました。
 今回のこれは<壁木>に対して、<壁紙>と、云う所でしょうか・・・。
 蛹室の蓋も濡らした新聞紙を重ねた物です。。。
 
 古いマットにて、蛹室を作ってしまった場合、この方法が有効かは分かりません。
 が、マットとの間に1クッションあること、幼虫が自ら決めた角度の蛹室を使える事、なにより、蛹室を開けたい(蛹が見たい)と云う欲求に対応できるのでは・・・と、思っています。。。

20041106-1.jpg



11月7日 (日)  ウズラカメムシその2

今日は、お昼前から、動物公園へ行きました。
車から降りると、すぐ、公園です。。。
MyF1♂はブランコを目指し走って行きます。
この間から、大分、ブランコを大きく揺らしても平気になってきました。
ただ・・・なかなか降りてくれません・・・・
 なんとか、なだめすかし、動物園へ。。。
シマウマを見ながら、お弁当を食べました。
 今日の蟲、ウズラカメムシはその時に飛んできた物です。5月6日以来の登場です。
 その後、サルや、亀や、ロバなどを見て・・・
 コンゴウインコの声にビビリ・・・
 大好きなペンギンを見に行きました。。。
 ここでも、動かなくなり・・・・

 なんだか、ゆっくりとした、楽しい一日でした。。。

20041107-1.jpg



11月8日 (月)  イナゴ

特定外来生物被害防止法なるものが来春(?)にも施行される(?)らしいのですが。。。
環境省のHPから見ると・・・
ナンダカヨクワカラナイ・・・・
昆虫の世界も少なからず関係するようで、私の飼育している蟲達など、関わる事は必至・・・・
既に蔓延っている外来種を如何するのか・・・・
 だって、アメリカザリガニは駆逐出来ないでしょう・・・・
 セイヨウミツバチは養蜂を生業にしている方が居る以上、締め出せないでしょう。。。。

 まずは、奄美や沖縄のマングースや、鎌倉他のアライグマなんかをターゲットにするのか・・・

 よく分かりません。。。

今日の蟲は午前中の仕事中、見つけたイナゴです。
私、昆虫食が普通に出来んです。。。
イナゴは結構好き。。。先日も、父がツマミにしていたので、相伴に預かり、画像を撮るのを忘れたのが悔やまれます。。。

20041108-1.jpg



11月9日 (火)  ヤンソニーテナガコガネその後

今日は仕事で疲れたので、主夫モード半分サボりです。。。
MyF1♂の夕食を実家で食べさせてもらい。。。
その間、私は、蟲の様子見です。。。
一昨日羽化したヤンソニー♂は画像の通り、片翅にシワが入ってしまいましたが、後翅も綺麗に仕舞えたようです。。。
ホット、いたしました。。。

今日、NHKで熊の話をやっていました。
なんと、今年のお盆にも訪れた我奥様の田舎の庭にある、柿の木にも熊が登っていた話は以前も書いたかも知れませんが、現地の方には切実な問題なのでしょう。。。
しかし、私の個人的意見としては、放獣を望みます。
いつもの、<駆除しろ!!>意見で無い事が意外かもしれませんが、熊は絶滅してしまいます。。。
しかしながら、当地の方の苦悩も・・・・

 白神のように、基本的に入山禁止の場所を増やせないものでしょうか・・・・

 アメリカのように広い国ならいざ知れず、此処は狭い島国ですし・・・

20041109-1.jpg



11月10日 (水)  ウシカメムシ

昨日、書き忘れた事を少し。。。
 先週の土曜日に、Mec.ウガンデンシスや、一部テナガコガネ幼虫
 のマット替えをしたのですが、ウガンが2頭、トルコヒメテナガが1頭、
 マットの上で動かなくなって居りました。。。

 時々ある事なのですが、マットが古くなっていたり、酸欠になっていたりが原因かな。と、思っています。

 この時、「大切な幼虫が死んだ!!」と、早合点しないで下さい。。。
 動かなくなった幼虫の匂いを嗅いでみると、マットの匂いのであれば、諦めるには早いです!!アンモニア臭がした場合は手遅れです。。
 マットの匂いだった場合、幼虫の気門に沿って、モミモミしてみてください。
 人工呼吸です。。。
 そして、マットを全て新しくして、マットの上に幼虫を乗せます。幼虫の上にはマットを軽く掛けます。そして、蓋までの空間部を作り、空気が動くようにします。
 そうして、数日すると、幼虫は復活しているはずです!!

 この時(土曜日)のウガン&ヒメテナガは復活しました!!
 過去、ヘルクレス(各亜種)3頭・グラントシロ1頭・サタン1頭・テナガ・・・・5頭位・ウガン3頭をこの方法で復活させました。。。
 まぁ、こうならない事が、一番良いのですが・・・

 さて、今日の蟲は、4階建てのマンション屋上くらいの高さがある、シラカシの殆ど頂上で見つけました(仕事・剪定で登っていたのです)。
 先月、台風のあとに、幼虫を見つけ、喜んで居たのですが、成虫は、以外と地味です・・・・
 形はすばらしいですが・・・

20041110-1.jpg 20041110-2.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2004/11
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

前月     翌月