Diary 2006. 1
メニューに戻る
1月1日 (日)  謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年の蘭丸の目標は、一日一蟲をサボらない。。。

それにしても、我等がテナガコガネ飼育には受難の年になるわけですが、
そんな事も言っていられないので、
まずは、飼育許可申請を早く出さなければ。。。
飼育許可申請自体は仕事でもした事が有るので、なんとかなることでしょう。
おって、其の模様もUPしてゆこうと思って居ります。

では、今年も良い年でありますように。



1月7日 (土)  THE COLEOPTERISTS BULLETIN

なんだか、年明け早々、豪雪だとか、生後11日の子供が連れ去られる。だとか、今日は、小倉駅全焼だとか・・・・・
ろくなNEWSが無いのですが。。。。

さて、今日は休みです。ある、蘭丸某の一日・・・
朝、MyF1♂にご飯を食べさせ、保育園まで自転車を漕ぐ。。。
帰宅後、我奥様を駅まで送る。。。
年賀状をチェックし、出していない方への返信用印刷をする。。。(此れが大変)。。。
夕飯の支度(カレー)を作り始める。。
掃除もする。。(間、洗濯も)。。
MyF1♂お迎えに。。。
休みを下さい。。。。

さて、今日のタイトルの本、何のことやら・・・・
ですが、テナガコガネの分類には欠かせない一冊です。
1989年9月 R.M.YOUNG 氏の著ですが、所々、水沼先生の著書からの転用なども見られます。
また、各種、テナガコガネのタイプ標本もモノクロながら見る事が出来ます。
さて、私がこのレポートを何故欲したのかというと・・・・
Che.gestroiとChe.battareli の明確な違いを知りたかったのですが・・・・
読む限り(英語頭になりきれないので、今後、しっかり読みます)、地域が違う位しか出ていないのが実状です。
私のテナガコガネに於けるテーマの一つにChe.gestroiとChe.battareli の違いが有ります。
見た目で解らない以上、ハイブリッドから、生殖能力の有無などで解りたいと思って居たのですが、
この2月、テナガコガネ属の特定外来種指定により、其れも叶わなくなりそうです。
まずは、パブコメ他、送ってはみますが。。。

20060107-1.jpg



1月12日 (木)  Tomistoma schlegelii

最近、爬虫類雑誌が増えている私の本棚ですが・・・
昨年、その爬虫類雑誌に広告を出している、大手輸入元が、
ガビアルモドキの不正輸入・販売の容疑で逮捕されました。
このワニの出所は、某温泉街の熱帯植物園で、同時にその園長も逮捕されました。
この、大手輸入元が、ガビアルモドキとホウシャガメを国内繁殖個体として販売したのですが、
その大半は不正に書類申請された密輸個体だ。
として、詐欺の容疑で昨日再逮捕された記事が今日の新聞に出ていました。
車一台分の価格になってしまう高価な亀ですが、
何時か飼育してみたい。。。と、思い、正規ルートに乗った。と、思っていただけに残念でなりません。
そして、このホウシャガメ、東南アジアでは、1万円程度で売られているそうです。
所持するだけで逮捕されてしまうご禁制の亀ですから、早々売れるはずも無く、ブラックマーケットでの価格は下がって行きます。
価格が下がれば、大量に売ろう。とするのでしょう。
そしてまた、日本中の動物園のバックヤードには展示される事も無いホウシャガメが増えてゆくのです。。。

さて、ワニにはなしを戻しますと・・・
ワニは加工品目的の養殖が盛んな為、比較的サイテスが下り易いらしいのです。
確かに女性でも身に付ける程魅力的な生き物ですが、そのサイズなどを考えると、一般家庭で飼育を考えられるはずも有りません。
かくゆう私も、過去、衝動的にメガネカイマンを購入しそうになりました。
確か、売り切れていた事により、入手はしなかった。と思うのですが、
売り切れていて良かった。と、今は思えます。
その、大きくなるワニの中でも相当に大型、凶暴な種類であるイリエワニが
最近売られているのをネット上で見ました。
飼えませんって。。。。

画像は、逮捕のきっかけ(?)となった広告からの無段転用(笑)です。
広告には転用禁止となかったのですが・・・

20060112-1.jpg



1月14日 (土)  ミツユビハコガメ

昼近くから、凄い雨になりました。
しばらく振りの雨です。
しかしながら、この雨のせいで、各地、雪崩れの被害も出ているそうです。
豪雪〜雪崩れ。
今日の画像のミツユビハコガメは暮れのうちに落札していたのですが、
その、豪雪の影響で今日、ようやく届きました。
昨年、弟に釣られて飼育を始めた(弟任せですが)残念ながら、いきなり拒食・・・・他界してしまいました。。。
その時も書いたかもしれませんが、この Terrapene ssp. と云うグループ、
過去、リクガメの代用品のように安価で酷い扱われ様でした。
その頃も飼育していましたが、一度、爬虫類・両生類から撤退した再、
一頭だけ残していたお気に入りの最後の個体も突然死してしまったのです。。。。
この個体は、ミツユビハコガメ(T.c.triunguis)の様でソウデナク・・・
フロリダハコガメ(T.c.bauri)の様でソウデナイ・・・
不思議な個体で、当時、亀専門の水族館に勤務していた折に、亀の分類を専攻していた先輩が、
「亜種間交雑かもしれない。」
と、云った事から、そう信じて疑わなかった好い個体でした。
その後、サイテスUになった事から、アメリカハコガメバブルが起こり、
最近になって、ようやく国内繁殖した幼体がお手頃な価格(それでも、当時の4〜5倍)になり、
我慢できるはずも無く・・・・
リベンヂです。。。

到着後、実家の弟の部屋へ連れて行った(又此処で飼育してもらう為)直後、
冗談で(弟のミツユビハコガメに餌を与えるついで)、
レプトミンをふやかし、ピンセットで持って口先で待つと・・・・
「ぱくっ!!」
食べました!!
大きくなってくれる事を願って止みません。。。

20060114-1.jpg



1月19日 (木)  

あまりに一日一蟲をサボりすぎて・・・・・
 サボっている事すら忘れてきてしまいます・・・・

ので、先日観た、動物番組から感想他を・・・

 私は、あまり蟻は得意では有りません。。。
が・・・以外と、その容姿他、好きな蟲です。。。
そんな、蟻ですが、ナント・・・
牧畜を行う種類(カイガラムシやアブラムシを保護している)や、農業(キノコを栽培するハキリアリ等)を行う種類など多岐に亘ります。
そんな中、目を引かれた種類は・・・
 食虫植物のウツボグサを頼り、その、捕虫壷に落ちる事無く、他に落ちた"蟻"を溶解液の中を溶ける事も無く泳ぎ、捕食するその姿に感動しました。
更に、"蟻"と云えば、"巣"ですが、
総面積、数10立方メートルになる種類から、ドングリの中に全て納まってしまう種類まで有るそうです。。。
ナントモ奥の深い蟻の世界ですが、私の見てみたい(食してみたい???)No.1の種類は紹介されなかったので、
(NTV所さんの目がテンHPより無段拝借の画像と共に)
 ミツアリを紹介します。
 このミツアリ、オーストラリアに住んでいますが、
 仲間の集めて来た蜜を貯める役割のアリが居るそうで、お腹が其れこそボンボン状態でぶら下がっているそうです。
 何でも、過去、この蟻を食べた感想を読んだ折には、「甘露」の一言だそうで・・・
 私も、是非。と願って止みません。。。
 オーストラリア旅行を企て、口に出来ないかなぁ。。。

20060119-1.jpg



1月21日 (土)  チリーフラミンゴ

朝から雪です。5年ぶりの大雪だそうです。
とはいえ、豪雪地帯の方には笑われましょうが、せいぜい、12cm位なものです。
それでも、スリップする車は有りますし、転ぶ人も居るのが、雪の無い地域故なのでしょう。。。

この位の雪になると、私も子供の様に嬉しくなってしまいます。。。
仕事中も、雪を踏みしめナンダカ嬉しいのです。。。
仕事でなければ、ワザワザ外には出ないでしょうから、今日は仕事でよかったな。。。。と。。。。
明日は休みなのですが、明日の仕事の方が大変だと思われ・・・・頑張って下さい・・・・
そんな雪の中、ナント、シャクガ科と思われる蛾が雪の上に止まったのですが、
撮りそびれてしまい・・・・・・・・・

雪の中に綺麗に浮き出ている、チリーフラミンゴをUPしてみます。。。
我職場初の生き物ですが、この程度なら、何処だか判らないでしょう。。。。
総天然色のモノトーンな世界に、浮き出て見え、とても綺麗でした。。。

そうそう、MyF1♂は数日前より熱を出し・・・・
今朝、ようやく下がったのですが・・・・
雪を見た途端、大騒ぎ・・・・・我実家に預かってもらうも、雪で遊び・・・・
まぁ・・・・楽しそうで良かったね。。。。って感じです。。。。

20060121-1.jpg



1月25日 (水)  蛾の一種

一日一蟲をサボらない。。。と、決めた途端に・・・・
花粉症(or 他のアレルギー)が始まったのやら、MyF1♂から、風邪を貰ったのやら・・・
どうにも辛い日々を送って(仕事休めませんでした・・・)いました・・・・
先日の雪から先、晴れた日が続いているのに、中々雪が溶けません。
仕事の合間には、雪掻きならぬ氷掻きもやっているのですが、
踏み固められた透明の氷は硬くて中々割れません・・・・
しかしながら、日中の暖かい時間帯に今年初の撮影に成功しました。。。
ヤガ科の蛾か、トガリバ科の蛾だと思うのですが・・・・
翅に斜めの白線が入るなんて、特徴が有るのに・・・
見つかりません・・・・
大体、この時期に動くのですか???

20060125-1.jpg



1月26日 (木)  ホシガメ日記

またまた一日一蟲になりません・・・・・

さて、風邪(花粉症の始まり??)でキツカッタ数日をナントカ終え、ようやくの休み。。。

が・・・・・
やる事はイッパイ・・・・・・
まぁ・・・そんな愚痴ばかり羅列してもしょうがないので、
そんな最中に心潤うホシガメsan's の世話の話でも。。。。
我が家に約10ヶ月前連れ帰られた、ホシガメの亀丸san、
我が家に来た当初、6.5cm程度だった体長はスクスクと大きくなり、ようやく、10cmを越えました。
体重は・・・・量っておけば良かった。。。と、反省。。。。
量っていませんが、重いです。
が・・・・
相も変らずシェルターに隠れています・・・・
今日はそんな亀丸san を20日ぶりくらいに温浴しました。。。
画像はその時の様子です。
頭はオレンジがよく出て綺麗なはずが・・・・
床材のクリプトモスが鱗板の間に入り込み、綺麗とは云い難く・・・・
これが、この床材のデメリットでしょうか。
画像では判りにくいですが、亀丸san の後には、
今までで最大量の尿酸が。。。。
まぁ。。。。排出してくれたので良かった。。。

20060126-1.jpg



1月28日 (土)  マルクビゴミムシ属(Nebria ssp.)の一種?

最近、新聞が面白くありません・・・・
って、ネイチャー系の記事が少ない(殆ど無い)からなのですが。。。。
で、連日、マンションのあの人やホリエモンばかり・・・・
その中に、以前より、気になっている(?)ニュースが。
其れは・・・・「少子化担当大臣」関連です。
我が家はMyF1♂が一人いるのみです。
私も我奥様も兄弟は3人、4人と居りましたのでMyF1♂にも兄弟を。。。
とも思います。。。。
が・・・・・
共働き家庭で育児休暇も採り辛い(MyF1♂乳児期は私が育休を使いました)、とあっては
なかなか、2人目を考えられません。。。
「少子化担当相」は、「出産費用を無料化」なんて言っていますが、
そんな一時しのぎの案では産めません・・・・
そこで、我々、「出産・育児なのに仕事世代」の一人として、我奥様と常々云っている案を。。。
「保育園の無料化」此れしかアリマセン!!!!
現在、MyF1♂(3歳8ヶ月)の月額保育料がおよそ5万8千円。
乳幼児期(MyF1♂は生後半年から保育園通い)は其れよりも格段に高くなります。
2人預けたら・・・・10万円以上ですよ!!!
10万円稼ぐのは大変です!!!
子供を預ける為に働くのだか、働く為に預けるのだか・・・・・
解らなくなります!!!
勿論、一緒にいる時間を増やしてやれれば其れが一番なのですが、そうも行かない事情もあります。
だからこその保育園なのですが・・・・・
無料化案・・・・・如何ですか?・・・・「青いドレスの少子化担当相様」・・・・・

さて、久しぶりに蟲(しかも甲虫)発見!!!
暖かい日中でしたので動いたのかもしれません。
ところが・・・・・
苦手なゴミムシ・・・・
図鑑を漁り・・・・オサムシ科のNebria ssp. か、ゴミムシ科の(〜ゴミムシ)と和名が付くグループどちらかだと思うのですが・・・・
ホント、解りません・・・・

20060128-1.jpg



1月30日 (月)  ファーブル昆虫記1巻下

今日は、MyF1♂の歯医者です。
MyF1♂は歯医者を怖がる事無く、口を開け、処置をさせてくれます。
お医者さんもビックリするくらい、おとなしく。。。
私は、虫歯も、治療痕も無いのが自慢なのですが、其処に油断があったのか・・・・
MyF1♂にムシ歯が出来てしまったわけです。
幸い、軽い物で済み、今回で、治療などは終わりました。もう、出来ないで下さい。。。。

さて、今日はこの後、ギターとウクレレのレッスンに行きます。
そのレッスンのあとは、ウクレレ新年会!!!
呑みまくります。。。

今日の蟲は・・・・・画像の通りです・・・・・
 ・・・・・あ・・・・上巻半分しか読んでいない・・・・

20060130-1.jpg



2006/1
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

前月     翌月