Diary 2006. 2
メニューに戻る
2月1日 (水)  特定外来生物法

今日、2月1日をもって、テナガコガネ属(Genus Cheirotonus)が特定外来種に指定されました。

指定以前から、生息原産国では保護の対象であったり、
「日本国内に活きたまま持ち込む事に罰則は無くても、持ち込んでも良い。」
とも書かれてはおりませんでした。
が、日本国内で活きたテナガコガネを入手する事は可能でした。
だから、私たちテナガコガネフリークが入手できたのですが、
「売っていたから買って育てていただけだ!!」
と、開き直るのはドコゾノマンション販売会社社長と変りアリマセン。。。。
私は、幼少時からテナガコガネに憧れ(ヘルクレスオオカブトに憧れるのと同じ様に)、
現在も飼育しています。
私は、外部形態からは種類の判別が難しいテナガコガネ(特に♀)の判別方法を少しでも見つけられれば。
と、思い、今まで様々な産地の生体を収集、ブリードしてきました。
「生息原産国が違うだけで、別種になっているのでは?」
と、疑っている種類もあり、その立証の為にハイブリッドからのF2を検証する。
等・・・・・野望は多々有ったのですが・・・・・
飼育自体は現在飼育している個体を許可申請することにより今後も続けられます。
私もなるべく早く許可申請をするつもりです(その模様もHP上にUP予定です。)
そして、アマチュア研究家として、累代の許可申請も行うつもりです。

さて、何度も書いている事ですが、私はこの法律自体の目的には大賛成です。
この法律によりテナガコガネ飼育規制される事はたまたま、私が好きな(飼育中の)蟲であっただけで、
指定自体には反対はではありません。
なぜなら、この指定は、我日本が誇る最大の甲虫、
”ヤンバルテナガコガネ Cheirotonus jambar"
を保護する。と、うたっていると信じて止みません。
現在、ヤンバルテナガコガネは国の天然記念物には指定されていますが、保護はされていません。
成虫発生期の夜回りや幼虫の盗掘採集の取りしまりはそれなりに行われているようですが、
道路を作る為に其の生息樹が切られる事にはナンノ対策モナク・・・・
マシテヤ・・・・・人工増殖などカンガエラレルハズモナク・・・・・
せっかくヤンバルテナガコガネを守る為に他のテナガコガネを指定したのですから
頑張っていただきたい。。。。と、切に願います。
以下は、環境省HPの特定外来種リストとコガネムシ上科に於ける扱いです。
http://www.env.go.jp/nature/intro/9list.html
http://www.env.go.jp/nature/intro/6kogane.html

さて、其の指定を受け、お世話になりました、やちぼうずsan 主宰の{TENAGA CLUB}が昨夜にて終了いたしました。いままでこのCLUBを通じ、沢山の方と知り合え、情報交換など出来ました事、本当に有り難うございました。
やちsan、お疲れ様でした。

本日の画像は私がデジカメ(Nikon COOLPIX 880)を買って、初めて撮ったテナガコガネ、
マレーテナガコガネです。
2002/07/23 15:13とあります。

最後に、青い捕虫網は今後もテナガコガネに関する情報を発信して行きたい。と思って居ります。誠に勝手ながら、今後、テナガコガネ飼育に関する質問はメール・掲示板を問わず、飼養許可申請をされた方のみの対応とさせていただきます。
現在、テナガコガネを飼育中の方、面倒くさいとは思いますが、是非とも申請して下さい。

20060201-1.jpg



2月4日 (土)  ムシキング

今日は立春と云うのに・・・・とんでもなく寒いです・・・・
いいわけ其の1。一昨日は飲み会でサボリ・・・昨日はオークションに入札しまくりでさぼり・・・
・・・でした・・・・

さて、最近のMyF1♂のお気に入りは勿論、ウルトラマン。
そして、ムシキングにも少々興味が有るようです。
まぁ、玩具でも何でも蟲に興味を持ってくれるのは喜ばしいのですが。。。
其のムシキング、時々、TV放映を見ますが、許せない事が一つ。。。
飛んでいる姿です。
前脚しか上がっておらず、中脚、後脚は下がっています。
カブトムシ他、甲虫を飛ばしてみてください。
前脚、中脚が上に上がるはずです。
子供相手に見せる番組なのですから、設定に無理が有ることは御伽噺だと思えば良い事としても、其の形態くらいはシッカリ正確に伝えて欲しいものです。
お約束で関連商品などとても多く出ていて、其の中にやはり飛んでいる姿が有るのですが、
此れも標本が飛んでいるような姿なのです。。。

20060204-1.jpg



2月6日 (月)  Tamiflu75

A型インフルエンザにかかりました・・・・
 何かと話題の薬が処方されました・・・・・

20060206-1.jpg



2月9日 (木)  Cheirotonus macleayi

ようやくインフルエンザが治りました。
Tamiflu の効き目は凄い物で、熱は殆ど平熱・・・・
 でも・・・ダルイ・・・・起きていられない・・・・・と、いった数日でした。
 A型インフルエンザはこれから流行のピークを迎えるそうです。
皆様どうぞお気をつけ下さい。。。

さて、その数日の死んでいる間にあった、気になる新聞記事に
ようやく(?)2月指定された特定外来種の記事がありました。

 北海道阿寒湖で高級フランス料理として人気のウチダザリガニです。
 このウチダザリガニを食材目的で漁協が販売することはまかりならん。
との事らしいのですが、漁協では「後から出来た法律が生業をおかすのはおかしい」と批判があがり、
漁業者からは「もっといるアメリカザリガニは規制対象ではないのに」などの不満があがっているそうです。
それに対し、環境省担当専門官様は「アメリカザリガニは蔓延しすぎて指定の効果が薄い。趣旨を理解して欲しい」と、おっしゃったそうです。。。。
 それで生活している人に趣旨って言ったってネェ。。。。。

次にネット上で見つけたNEWSは・・・
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/20060124/morning_news014.html
マタシテモ ホウシャガメの密輸・販売です。。。。。
確かに、綺麗で稀少で飼育もしやすい亀ですが。。。。。
 今、日本中の動物園・水族館のバックヤードには沢山の押収されたホウシャガメが居ます。
 この個体(他の密輸動物も)を原産国に帰せないのか。と、願う人は沢山居る事でしょう。
 しかし、この密輸された動物達は密輸が発覚(摘発)された国の負担金でしか原産国へ帰すことは出来ません。
 それはそうです。お金持ちでない国が動物のために飛行機を飛ばす事は出来ませんから・・・・
 では、摘発した日本国は???
国内の天然記念物ですら満足に保護できないのですから・・・・他所から来た動物までは・・・・・・

どうも、愚痴っぽくなってしまいましたが、

一応今日の一日一蟲は昨年から実行できないでいた、標本のページ作製用、撮影を兼ねて。
 コレクションより、69.5mm 北インド産の Cheirotonus macleayi です。
 しかし、標本の撮影って難しい。。。。
この画像がHPのTOP画像にもなっていますが、
これ、ボツ画像です・・・・・

20060209-1.jpg



2月10日 (金)  蔓無しエンドウ

何故だか、本日のメールは全て2件づつ重複して来ます。。。
ヤフーさん、如何したの???

ようやく、職場復帰しました。食べられなかったおかげ(?)で更に体重が減り(最近油断していたので丁度良いですが)、体も軽く仕事が捗りました。
しかし、今日も中学生の職場体験で一日他人ペースです。。。。
動物園のこれからの為にも、こういった、活動は必要だと思いますが、
来る側(体験者)に何処までの心積もりが有るのか。。。。
其の態度・言動から何時も疑問に駆られます。。。
私はケシテヨイコな子供ではアリマセンでしたが、好きな事に対しての分別は持っていた。と、自負します。
 アナタガタはドウブツが好きで此処をエランダノデハナイノデスカ???
 
 今日の折込地方版に川崎市内の多摩川河口でアサクサノリを確認。
 と、有りました。
 この多摩川河口地域、今から8年位前になりますが、良く仕事に行きました。
 しかも、時期がとても良い、初夏!!!
 土手では、トノサマ・ショウリョウをはじめバッタの幼虫を見かけ、
 川側へ降りると、コメツキガニやトビハゼなどが観られる、楽しい所です。
 私が子供の頃は臭くてとても近寄れなかった場所ですが、
 川はよみがえっているようです。
 嬉しいことです。

さて、我が家のベランダでは、ホシガメ’Sの為にプランターで少しながら小松菜と蔓無しエンドウを育てています。
小松菜は、何度か旅行前後に紹介しているとおり、
大きくなりませんが、我が家で買い置きが無い時の間に合わせ(野菜高騰時も)程度には収穫できていますし、
エンドウは肉厚の葉でとても食べ応えがありそうなおいしそうな葉です。
ドチラモホシガメ’Sは喜んで食べてくれています。
このドチラモ、100YEN SYOP で2ヶ100YEN で買った、種からのものです。
用品も殆ど100YEN SYOP、無農薬、肥料は亀の糞と、テナガコガネ幼虫の糞です。
リクガメを飼育中の方、プランター2個位、作ってみると、飼育の楽しみが広がりますよ。

20060210-1.jpg



2月11日 (土)  メタハラ

かねてより、購入を検討していた、メタルハライドランプが届きました。
メタルハライドランプとは、紫外線(UVA/UVB)も出ている照明で、
身近(?)な使用例としては、イカ釣り船の漁火に使うランプなどが挙げられます。
我が家では現在、爬虫類用のUVBも出る蛍光灯とUVAも出る、ハロゲン灯です。
殆どの期間、室内で過ごす我が家のホシガメ’Sですので、少しでも太陽光に近い物を・・・・
と、思いました。
が・・・・・ホシガメって、ライトに当たっている所(バスキングしている所)見たことがアリマセン・・・・・
果たして、今よりも明るくなって、シェルターから出てくるのでしょうか???
それ以前に、現在使っているソケットでは、照射距離が近くなりすぎるらしく・・・・
ソケットを買いに行かねば。。。。

先日のTamifle 服用の話を書くのを忘れていたので此処で・・・・
Tamifleを服用前は38.7℃の熱が有りましたが、服用後直ぐに(30分もせず)36.6℃まで下がりました。
しかも、体中を襲う痛み・痺れ・悪寒も無くなります。。。。
が・・・・・動けないのです。。。。。
体に力は入らないのです。
3日間、朝夕2回の服用でしたが、効き過ぎる薬に感謝すると共に、ゾッとしました。。。。
MyF1♂には飲ませたくないなぁ。。。。が、ホンネです。。。

20060211-1.jpg



2月13日 (月)  Euchirus longimanus(Linne)

お昼前にライトソケットを購入して、ようやくメタハラを点灯しました。
やはり、レフ球とは比べ物にならない程明るく、ホシガメ'sも進んで出てくる感じではアリマセン。
我が家では、餌皿周辺がスポットエリアになっているので、採餌中がライトに当たっている時間になります。
ホシガメ'sが、自分から餌皿前に行く事が半分、私が運ぶ事が半分、と、云った感じです。
果たしてこのメタハラ、ホシガメ'sにとって「吉」と出てくれますでしょうか。。。。

さて、今日の蟲は、Euchirus longimanus です。
Cheirotonus属では70mmに達すると、とても大型になりますが、
ロンギは70mmではまだまだ・・・・
標本でも、75mm程度までは数千円で入手できるでしょう。
が・・・・80mmを越えるとそう簡単にはお目に掛かれません。
画像の個体は左の♂が85.25mm・右の♂が82.1mm・上の♀が72.6mmです。
此れだけの大きさ、密かにギネスサイズ?と思っているのですが。。。。
L♂:2003.3 / R♂:2004.2 / ♀:2004.2 Seram Is.from all

尚、この一日一蟲はアルファベットを斜体に出来ません。
よって、学名がイタリックになっていない事はご容赦下さい。

20060213-1.jpg



2月14日 (火)  ヨコヅナサシガメ

今日は、地元小学生による、巣箱掛けが行われました。
小学生と一緒に、ケヤキの木に梯子を架け、登るのですが、
10何年も、梯子に登っていたのに、梯子って怖いんです。。。。
木の上だったら、ドンナに高くても怖くないのに・・・・・
しかも、子供を支え・・・・
へっぴり腰の子を支えていると、余計に怖い・・・・
でも、如何にか終了です。。。
終了後は、昨年の巣箱(作業前に私が外しました)を開けて、巣箱の中の利用状況など、説明を聞きます。
今日の蟲、ヨコヅナサシガメはその、昨年の巣箱を外している時、巣箱と樹皮の間で越冬していた物です。
この一日一蟲では、登場頻度の高い昆虫です。
今年は何回、登場するのでしょう。。。

20060214-1.jpg



2月15日 (水)  マルベリーCa

我奥様、風邪を召されたようで、病院やらナンヤラデ・・・・・休みが終わってしまいました。。。
今日の御題、マルベリーCaとは、月夜野ファームという、マウスやコオロギなど、爬虫類用の飼料を養殖・販売している会社が発売している物で、以前より興味があったものです。
主原料は名前の通り、桑(マルベリー)の葉。
ビタミンD3なども、脂溶性でない物のようで、与えすぎ(過剰摂取)による害が少ないようです。
実際、臭いも桑の葉の臭いで、ホシガメ'S も嫌がらず食べてくれているようです。
暖かい時期、桑の葉が主食になる、
我が家のホシガメ's & ホルスフィールド's(現在、別宅にて春を待っています) 
には、サプリメントは特に必要性を感じていなかったのですが、
この冬、野菜中心の飼料になった事、メタハラを導入出来た事から、
使ってみる事にしました。
早く、桑の葉が芽を出してくれないかなぁ。。。。

20060215-1.jpg



2月20日 (月)  ヨスジノコメキリガ

またまた、サボってしまいました・・・・
其のサボっている間に・・・・
 その1:金曜日の夜、飲み会の帰り道、自転車で
     走っていると・・・・
     バイクに引っ掛けられ、大転倒・・・
     擦り傷沢山・打ち身・眼鏡紛失・・・
 その2:土曜日のAM、
     MyF1♂の保育園でお遊戯会。
     0〜2歳の小さな子達は、衣装を着て
     其処に居るだけで可愛らしく。。。
     MyF1♂達のクラスは大きなカブの出し物。
     MyF1♂はカブの役(主役)です!!
     小さいながらに結構なプレッシャーがあったようですが、
     立派に大役を務めていました。
     踊りもしっかり踊れたし、台詞もバッチリ!!

 そして、今日、ナントナク頭が痛いので(昨日の仕事中も)、
 病院へ行きました。
 CTスキャンを撮った所、異常は見られない。との事でホットしました。。。。
 が・・・・今度は、お会計をして、懐が痛い・・・・
 そんな訳で、雨の今日は蟲を見ていないので、昨日、見た蟲を。。。
 竹喰獣の獣舎を掃除中、見つけました、ヨスジノコメキリガです。
 数日前の暖かい日に動き出し、紛れ込んだのでしょうか。。。。
 ところで、蛾の同定は本当に難しく・・・・
 今回も、2本線や3本線は居るのに、中々4本線が出て来ないで苦労しました。。。。

20060220-1.jpg



| 1 | 2 |
2006/2
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

前月     翌月