Diary 2006. 4
メニューに戻る
4月1日 (土)  キバラゴマダラヒトリ

昨日に続き、我奥様の両親とお出かけです。
其の前に工事前の新居を覗き、私の両親とも合流して、
中華街へ。。。。
広東飲茶のお店で飲茶を楽しみました。
その後は、遊覧船に乗ったりと、楽しい休日を過ごしました。
今日の蟲、キバラゴマダラヒトリは、朝、玄関前に落ちていました。
純白のドレスに黒いドット。
おしゃれです。

今日で、青い捕虫網は3年目に突入しました。
そして、3万HITもカウントされました。
偏に、皆様のおかげです。
これからも蘭丸と青い捕虫網を宜しくお願いいたします。

20060401-1.jpg



4月3日 (月)  ミヤマクワガタ

朝、我奥様とMyF1♂を送った後、
小一時間余裕が出来ました。
朝から、気持ちの良い天気だったので、自転車にのり、20分強の里山風の公園へ。。。。
桜の花びらが舞い始めましたので、狙うは
ツマキチョウとウラシマソウです。
ツマキチョウには直ぐ出会えたのですが、
以外と速い&止まらない・・・・・・
オマケに風が強く、狙いが定まりません。。。
そんなコンディションでしたが、春のフィールドは気持ち良く。
直ぐに、帰宅時間が来てしまいました。

帰宅後、時間を見つけて、今日の様子を「ご近所お散歩記録そのいち」として、
まとめ、気になる蟲達の中にUPしました。

さて、今日の蟲(?)は・・・・・
チョコQのミヤマクワガタです。
サイズこそ、本物より小さいものの、もの凄くリアルです。
今までのどんなクワガタフィギュアよりもリアルなのではないでしょうか。
早速、MyF1♂に奪われ・・・・・左前脚符節が取られ・・・・・B品になってしまいました。。。

20060403-1.jpg



4月4日 (火)  クサガメ

天気も良く、暖かく(最高20℃)、気持ちの良い日でした。
しかし・・・・・桜の花びらには悩まされる時期でもあります・・・・・
今日も、高速水中翼鳥舎では大バケツ2杯の桜の花びら・・・・・・
桜の花びらが終わると、桜の花軸、その次はケヤキの花・・・・・・
同時に、クスノキの葉・・・・・・・
これから20日間はしょうがないか。。。。

そんな、暖かな今日、桃色鶴の池では、早くもクサガメが出てきました。
昨夏、産み落とされた卵は、秋までに孵化して、産室で越冬、そして地上へ出てきます。
それにしても、今年(今回?)は、とても早い記録ではないでしょうか。
何度もクサガメの繁殖を経験していますが、親個体がようやく冬眠から覚め、
甲羅干しをしてはいるものの、まだ、餌を食べ始めてはいない時期に
地上へ上がってくる事は初めてです。
この冬が寒さが厳しかったからなのでしょうか???
右の個体はエッグバスターがまだ付いていました。

20060404-1.jpg



4月7日 (金)  トラフコメツキ

職場に移動して来た、新人が来ません・・・・・
2日前は其の彼の歓迎会で、普通に呑んで居たのですが・・・・・ハテ・・・・・・

桜(ソメイヨシノ)も此処辺では、終盤に入り、毎日花びら掃除に追われています。
そんな日でも花寒と云うのか、解りませんが、とにかく寒い一日でした。

今日のNewsで見かけた変な話・・・・(from ロンドン)
飛行場へ向かうタクシーの中でパンクを聴いていた男性が、テロリストの疑いをかけられ警察から事情聴取を受けた。男性は車内でザ・クラッシュを聴きながら歌っていたところ、運転手に危険人物と判断され警察に通報されてしまったという。
 私が普段聞く音楽は、ヘビーメタル(8割)かクラシック(2割)。
 ヘビーメタルを聞いていると、「悪魔崇拝者だ!!」と、言われてしまうのでしょうか。。。

夕方、いくらか日が差し始めた時、ヒマラヤシーダーに止まったのはこの、トラフコメツキ。
小さなコメツキムシで、もう少し、エリトラの模様にメリハリが有ればナァ。
と、思っています。

20060407-1.jpg



4月11日 (火)  白金乃露

昨日、今日と、寒く天気も良くありません・・・・
其の上・・・・新人さん・・・・・来ません・・・・
ドウスルンデショウ・・・・・・・・

ソンナコンナで(?)、仕事量だけが増え(?)、少々筋肉痛気味です・・・・・
オマケに天気もイマイチなので、蟲も見られずネタも無い・・・・・・

ので、今日の夕刊にネタを戴き、動物の名称を差別するシリーズ!!!
例えば・・・・・「狸は腹黒い」とか・・・・・

第一回目は、「犬」
この、「イヌ」と、云う言葉、「スパイ」や「間者」などを云う場合も多いですが、
私のなじみからすると、植物界の和名に良く現れます。
例えば・・・・
「ブナ」に対して「イヌブナ」
「ナズナ」に対し「イヌナズナ」
などがあります。この場合の「イヌ」の意味は、「劣った」との意味合いで使われるようです。
果たして・・・ホントに劣っていますでしょうか???

 さて、久しぶりに焼酎話。。。
一番好きな焼酎は、屋久島の三岳ですが、これを売っていたお店がコンビニに変ってしまい・・・
手に入りません・・・・・・
そこで、普段呑んでいるのが過去紹介した、「黒糖焼酎の喜界島」「芋焼酎の薩摩白波」
が多いのですが、最近、我奥様が宅配食材と一緒に注文してくれるのが、この、
「白金乃露」です。
一口目は芋焼酎独特の癖が在るのですが、其の後は心地よい後味にお気に入りの一本になりました。

20060411-1.jpg



4月13日 (木)  エンマムシ科の一種

湿度が高く、気温はそれほどでもない(最高19℃)のに、蒸し暑い一日でした。

今日の夕刊に日本発特定外来種の話が出ていました。
アメリカ西海岸で大発生したのは、ホソウミニナ(Batillaria cumingii)という数cmの巻貝。
どうやら、牡蠣の稚貝の輸出時に紛れていたらしいのですが、
干潟を埋め尽くす程増えているそうです・・・・・
国内に入れない体制が出来た(何処まで?)今、外へ出さない体制も考えねばなりません。
大変ですね。。。。環境省さん。。。。。
ところで、昨年、第一次候補に挙がった動物の申請に対する返答がまだ帰ってきません。
担当者の言い訳は「担当が替わることですから・・・・」
流石、お役人様。。。。
我等がテナガコガネも5月イッパイに申請しなければなりません・・・・・
早く、申請しなきゃ。。。。。
  ・・・でも・・・・この調子だと、何時、許可されるんでしょう・・・・・
   其の前に・・・・今日、電話に出ていた、担当者のオネイサン・・・・テナガコガネって
   知っていますか?????
   私・・・・・・意地悪だから・・・・・和名では申請しないですよ・・・・・・

今日の蟲は、エンマムシの一種。
 はっきり云って解りません・・・・・・・
  5mm位の蟲を携帯で撮るのは、偶然に任す以外アリマセン・・・(負け惜しみ)・・・

20060413-1.jpg



4月14日 (金)  セマルハコガメ

私、活字ジャンキーでして・・・・・
 新聞・広告・小説から、漫画までアリトアラユル字(絵)を見ています。。。。
ソンナ私が週間漫画誌を1冊と隔週漫画誌を1冊定期的に購入しています。
以前は、仕事場で持ち回りにより購入して居たのですが、移動&読む時間無し・・・・
の事情により、私が担当だった誌だけを今も購入・購読しています。
その、隔週刊行漫画誌に「ZOO KEEPER」なる新しい読み物が掲載されました。
2話分をようやく今日よめました。
この手の読み物と云うのは、表面上の取材を元に、思い込みで書かれている事が多く、
実際辟易する事が多いのですが・・・・・・
以外と・・・・・真理(心裏)ですよ・・・・・・
私の様な経験も無いくせにスレタKEEPERにはウナズケル部分が多く・・・・・
是非とも、ご一読下さい。
ナントナクKEEPERの気持ちが解って頂けるかと思います。
「KEEPER」と云う言葉、私は好きなのですが、この言葉については、又、別の機会に。。。。

さて、今日の画像、セマルハコガメは我実弟が数日前に新たに自室へ向かい入れた個体です。
私も自身で(お小遣いを貯めて)お金を払い、購入、飼育したのはこの、セマルハコガメでした。
中学1年生の時だと、記憶しています。
それ以前に飼育していたのは、拾ったり、貰ったりした、クサガメ・ミシシッピーアカミミガメ・ニホンイシガメです。
リクガメに興味を持つ前に、偶々、出会ったのですが、一目惚れでした。
図鑑では、其の存在を知っていましたが・・・・・・
残念ながら、其の個体は数週間しか生きることが出来ませんでした。
私にまだ、環境を整える知識も金銭的な余裕も無かったのです(なのに欲しいと云うアサハカサ)。
この個体のおかげで、(お金や設備が)無いなりに、工夫して飼育する事を覚え、
以後、生体の販売価格より、設備費の方が高い事も覚えてゆくきっかけになりました。
この、最初のセマルハコガメは、今も実家で只の乾燥標本ですが残っています。
最近(?)は、中国産しか出回りませんが、それでも私が最初に手にした当時と比べ(20数年前で3000円位でした)、6〜8位で幼体が取引されています。
大きい(繁殖可能サイズ)は更に高い事でしょう。
そして、15年前、伊豆の亀族館で働いていた時に、見たのは、紛れも無く、石垣島産の個体。
空港で保護された個体らしいのですが、中国産と比べ、小型でした。
(言葉にして、説明は難しいのですが、亜種に別けられる程度の違いはあるように感じました。。。)
5年程前に行った時には展示されていなかったので、死んでしまったのでしょうか。。。。。

この個体・・・・画像の通り・・・・・顔も出しません・・・(CBなのに)・・・・
でも、餌はたべているそうです。。。
内気なんです・・・・・
 以前に比べ、甲の背が低く感じるのは気のせいでしょうか。。。

20060414-1.jpg



4月18日 (火)  Corydalis 属3種

引越し準備で大変です・・・・・
本が多いのです・・・・・・
そして、作っていない標本も・・・・・
本棚など置く場所は無いので、ベッド下に収納だそうです・・・・
其の、本の隙間に、標本も・・・・・

さて、今日の画像、よりにもよって・・・・3枚ともピンボケ・・・・・
雰囲気だけ感じ取って、詳しく見たい方は検索して下さい・・・・
一枚目:今年も咲いてくれました。中国産、Corydalis flexuosa
国産のソライロエンゴサクやエゾエンゴサクよりも育てやすいのが魅力です。
二枚目:元は、奥多摩産の種から始まりました。キケマン(Corydalis heterocarpa var.japonica)。
    実家にて今年も綺麗に咲きました。
三枚目:職場で見られたムラサキケマン(Corydalis incisa)。
    見事に群落を作っていました。緑色の葉は、このムラサキケマンの葉ではなく、
    大部分が、ヤエムグラ(Galium spurium var. echinospermon)です。
 この、Corydalis属、結構好きなんです。
 私にとって、春の花と云えば、このCorydalis 。
 桜よりも菜の花よりも後に咲き始めますが、ナントモ楚々としていて、綺麗です。

20060418-1.jpg 20060418-2.jpg 20060418-3.jpg



4月20日 (木)  ミツボシツチカメムシ

正午近くに低気圧の接近とやらで大荒れの天気でしたが、午後には晴れ上がり、
午後の仕事は気持ちよく、終えることが出来ました。

数日前、私の分と実弟の分、2種類の亀の幼体を落札して、本日届いた。と、弟から連絡がありました。
このかめについては、又別の機会に譲る事として・・・・・

今日の蟲は、ミツボシツチカメムシ。
小さなカメムシです。白い縁取りと三ッ星がとても綺麗な蟲です。
オドリコソウの近くで見られるようですが、私・・・・オドリコソウの側では見た事がアリマセン・・・
これだけ小さい蟲を被写体にしていると、解ってはいても、携帯電話では限界を感じます。。。
メモカメラ的な小型デジカメを買おうか・・・・
 カメラ機能の充実した携帯電話は無い物でしょうか???

20060420-1.jpg



4月21日 (金)  コクワガタ

また1つ年を取ってしまいました。
今年は28歳で押し通す事にします。。。。

今日の帰宅時に気が付いたのですが、先日からMyF1♂が「やっほ〜!!」と
自転車の後でよく叫んでいます。
「どうしたの?」と、訊ねると、「スズメを追い払ってるの。」との事。。。
スズメを追い払うのに「やっほー!」ですか・・・・・

さて、寒い一日だった今日、園路を歩いていたのは・・・・
この、コクワガタの♂。
ゴールデンウィークの頃には樹液でも確認できますから、歩いていてもおかしくは無いですね。
中学生の時、修学旅行先の京都のお寺さんで誕生日に立派な♂のカブトムシを拾った事があります。
其の事を思い出させてくれる、コクワガタでした。

20060421-1.jpg



| 1 | 2 |
2006/4
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

前月     翌月