Diary 2006. 6
メニューに戻る
6月1日 (木)  キイロジョウカイ

出生率が最低を記録したそうです。
少子化対策を政界・自治体でも話し合っているようですが、
常々的外れな気がしてなりません。
出産費用の補助。。。。大いに必要でしょう。。。。
産休・育休。。。。。これも必要でしょう。。。。。
でも、働きたい親が居る以上、其の受け皿の用意と負担の軽減こそ論議していただきたい。
と、思うのですが・・・・・
我が家はMyF1♂一人しか子供は育てられません。。。。
受け皿の負担が大きいからです。。。。
私も我奥様もMyF1♂の兄弟は欲しいのです。。。。
でもね。。。。。仕事も大事なんです。。。。。

さて、今日の蟲はキイロジョウカイ(themus niisato)
だと思うのですが・・・・・・甲虫図鑑が出てきません・・・・・

 
  私の敬愛する元上司が亡くなりました。
  常々「俺は偉くなんかならなくて好いんだ。お前らと呑んでいるのが楽しい。」
  と、仰っていました。
  でも、偉くなってしまって・・・・・
  要らぬプレッシャーが続いたのでしょうか・・・・・・
  私のスキーの先生でもありました。
  一緒に旅行にも行きました。。。。
  自らの命を絶つ用意をする事は・・・・・疲れることでしょう・・・・
  逃げてしまえばよかったのに・・・・・・
  今は冥福を祈る事しか出来ません・・・・・

20060601-1.jpg



6月2日 (金)  アルビノ ダンゴムシ

携帯電話を忘れて家を出てしまいました。
それほど掛かってくる訳ではないのに、ナンダカ落ち着きません。。。
マシテヤ、私にとっての携帯電話は時計でもあり、
メモカメラでもあるので、有る事が当たり前に成っています。

さて、携帯電話を忘れたので、バックに入れてある、COOL PIX で撮影したのは、
今年も見つけられた、アルビノダンゴムシです。
しかも、結構大きい。。。。
更に、昨年捕まえた2頭と同じP-capに入れると、昨年よりは大きくなった個体に猛烈アタック!!!
交尾体制に入ります。。。って事は、♂個体ですね。。。
昨年捕まえた2頭はようやくBB弾位の大きさです。
ダンゴムシは性成熟までに2年以上掛かるのでしょうか????
それとも、コンナ小さいのに繁殖能力があるのでしょうか????
ヘテロを作って云々・・・・なんて面倒くさい事をせずとも、
アルビノ同士なら、アルビノが生まれるはずで・・・・・
って、産むのかな????
昨年も書きましたが、ダンゴムシやワラジムシって
海老・蟹と同じ甲殻類なんですよ。。。

20060602-1.jpg 20060602-2.jpg



6月4日 (日)  キアゲハ

午前中、MyF1♂の写真を整理する為、画像フォルダから、CDに焼いて、現像に出す作業をしました。
昨年分が丸々と、今年のこれまでの分、しかも私・・・撮りなぐりますので・・・・
ハンパな量ではアリマセン・・・・
ナントカ午前中の内に片付けました。
午後は、恒例のMyF1♂誕生日記念撮影をチェーン展開している写真館で撮りました。
近くに、新しい店舗がOPENしたので、其方を初利用です。
今まで利用していた店舗より、衣装が新しく、気持ちよく選べました。
相変らず、女の子の衣装に比べ男の子の物は少ないのが少々不満ではあります。
其の中で、今回MyF1♂が着たのは、ウエスタンカウボーイスタイルと、チャイナ服。
カウボーイの時は、一生懸命、GUNを構えていました。
チャイナ服の時は、「ハ〜メ〜ハ〜メ〜〜〜波!!!」
と、連続で吼えていました(笑)。

そんなご機嫌MyF1♂が駐車場の近くで見つけたのが、このキアゲハの2令幼虫。
植栽されたミツバを食害していました。
生残れると良いのですが・・・・
実家にイタリアンパセリが植わっていたはずなので、移動しようかな。。。

20060604-1.jpg



6月5日 (月)  シャチホコガ

先月末、保護されたチョウゲンボウが餌付きました。
鶏頭の首の部分、肉の少し多い部分を骨と共に与えますが、最初の数日は興味を示しませんでした。
「まぁ、猛禽類だから、1ッ週間位は食べなくても持つかな・・・・」
とも思いましたが、早く食べてくれるに越した事はありません。
そぅっと、止まり木に近づき長めのピンセットで肉片を脚の間に差し出すと・・・・
興味を示します。これでいける。と、思い暫く誘ってみると
つつきました。が・・・・・肉片を掴まない・・・・千切れない・・・・・
「あ・・・・挽き肉を与えられていたのね・・・・」
掴んだ事も千切った事も無い猛禽って・・・・・
それから数日は小片にした肉片をピンセットで与え、まずは胃を動かします。
その後、少々骨入りの少しだけ大きくした肉片を呑ませます。
そしてようやく、肉片を掴むようになり、千切るようになりました。
元が飼い鳥だけあって、人に対する警戒感は少なく、比較的餌付けは楽でした。
そして、今日は3m程度はなれた所にとまっていたのを私の方へ呼ぶ事が出来ました。
野性復帰できそうも無い以上、慣れてもらった方が飼育は楽です。
目指せ!プチ鷹匠!!!

さて、今日の蟲は10数年ぶりに出会った、シャチホコガの幼虫です。
何故・・・・イナバウアー(チョット古い?)なのですか???
何故・・・・イモムシなのに脚が長いのですか???
何故・・・・尾端だけメタリックなのですか???
何故・・・・そんなに面白い形なのに・・・成虫はそんなに地味なのですか????

20060605-1.jpg 20060605-2.jpg



6月6日 (火)  ビロードハマキ

先日、特定外来種を特集するTVワイドショー(早朝)から、当サイトの画像を使いたい旨のメールが来ました。
最初のメールには番組名のみの記載で内容等書かれておらず、
次ぎのメールには簡単な内容説明(出演する何某教授のコメントが主)が有りましたが
肝心のテナガコガネの何を報道し何処に画像をどの様に使いたいのか、記されてはいませんでした。
この時の画像貸与はお断りしました。又、其の早朝の番組もチェックはしていない為、
結局どの様な内容で放送されたかは解りません。
一応、お断りメールの最後に
「特定外来種に指定された全ての動物が悪者にならないようにお願いいたします。」
と、つけましたが、どうなったのでしょう。。。
昨年(?)の爬虫類脱走続出事件の時もそうでしたが、
マスコミは常に悪者が欲しくてしょうがないように思えます。
元々、ニュースなどとは関係の無かった芸能人(etc.)が、文化人面して
 ”マトモソウナ事”を言っているのを聞くと辟易します。
 普通のNEWS番組が見たいのですが・・・・・

 さて、今日の蟲。
 ピントがイマイチな事が悔やまれます。。。
 派手な”蛾”代表種、ビロードハマキ(Cerace xanthocosma)です。
 何処までが蝶で何処からが蛾なのでしょう???
 
 

20060606-1.jpg



6月9日 (金)  オオアカマルノミハムシの幼虫?

新聞夕刊に連載で南アフリカの話が出ています。
チャイニーズマフィアによる鮑の密猟・密輸が横行しているそうで
其の対策として、「鮑犬」まで登場だそうです。
しかも、その「鮑犬」相当な成果を挙げているそうです。
確かに鮑は美味しいですけど・・・・・・捕り尽くしては・・・・・・
って、其処まで考えるわけ無いですね。。。。

さて、今日は雨で蟲を見なかったので昨日の蟲、
センニンソウの葉を食害していた幼虫です。
センニンソウの上ではオオアカマルノミハムシを良く見ていたので、
その幼虫だと思うのですが・・・・・
普通は葉の中に潜り込み食害しているようです。
蛹には何処でなるのでしょう???

20060609-1.jpg



6月11日 (日)  クワハムシ

今日から我奥様が中国大連へ出張です。
今日・明日と休みが取れたのでMyF1♂とマッタリすごします。
生憎の雨ですがMyF1♂はレインコートを着て、歩いてクルクル寿司へ。。。
休みの日はお昼からBeerが呑めて嬉しい。。。
MyF1♂には先日、新聞広告にあった、DVD付きカブトムシ・クワガタ図鑑をネダラレテいたので
其れを探しに本屋へ。。。。
作者は、1990年代、国内クワガタ採集に於けるカリスマとも呼べる人(?)ですが、
その採集記の中の採集数には、その過剰さにより
羨望と共に採集圧への懸念が伴いました。
現在は、沈静化したとも思える(?)昆虫の高価格化ですが、
野性由来の個体は何時、高価格化するとも分かりません。
其の時、この作者が紹介した産地だったりすると・・・・・
因みに、私もその情報を鵜呑みにして、其の産地へ入った人間ですので・・・・・・
ナントモなんですが・・・・・・

その後、広告は知っていたが、行ったことの無かった、近場の爬虫類shopへ、
MyF1♂&実弟と共に行きました。
魅かれる種類は多いのですが、レイアウトなどもう少し工夫しては・・・・・
な、shop でした。。。。
そこで、購入した爬虫類・両生類雑誌に最近気になっていた事がかいてありました。
ので、其れは又、明日の一日一蟲のネタに。。。。

さて、今日の蟲ではなく、昨日の蟲。。。
担当の1つである、リクガメ類の餌となる、桑(ついでに我が家の分も採取しますが)を採取中、
見つけました。
綺麗なメタリックブルーのクワハムシ(Fleutiauxia armata)です。
前胸背に皺があり、似た様な他種との区別になるようです。
メタリック好きなんです・・・・・でも・・・・・
・・・・・・小さくて・・・・・

20060611-1.jpg



6月12日 (月)  キアゲハ4令幼虫

昨日買った、爬虫類・両生類雑誌に有った、気になる記事とは・・・・・
「ミシシッピアカミミガメ由来のサルモネラ感染症騒動について」
との、記事です。
事の始まりは、今年3月に飼育中の亀(報道では「ミドリがメ」)由来と思われる、
サルモネラ菌感染症が昨年2件報告された事に基づき、
文部科学省が小学校や幼稚園での爬虫類飼育を控えるよう教育委員会へ通達した。
報道には「小学校・幼稚園では爬虫類は飼育するべきではない。
外部の方に譲るのが宜しいが、専門家と相談して殺処分も有りうる」
との、文面も見受けました。
この、文面の乗った、回覧が職場の回覧にも廻り、唖然としたのは、言うまでもありません。
流石に、文部科学省が「殺処分」との言葉は取り消されたようですが、
それ以前に、この国の教育を掌る省庁が、「爬虫類」と云う、生物を差別した事は紛う事無き事実です。
また、この通達にマスコミが反応しないはずがありません。
「学校で亀の飼育を禁止」や「ミドリガメ飼育の落とし穴」などです。
この報道を最初に知ったのは、引越し後の5月上旬、エアコン業者が取り付けに来た最、
我が家のホシガメを見て言った一言でした。
「私も亀を飼いたいんですよ。でも、ミドリガメって、”毒”が有るんでしょ、この亀なら、大丈夫?」
これに対し、私は尽かさず
「手を洗えばドンナ生き物も安全に飼育できる(一般的に飼育可能な生き物で、一般的にアリフレテイル菌を対象トシマス)。」
と、申し上げました(勿論、ホシガメが簡単に飼える亀デハナイコトも申し添えました)。
 その後、件の回覧が廻ったわけですが、その後には、(学校を含む)子供が集まる所から数件、「カメを引き取って欲しい。」旨の電話がありました。
 職場にはもう、水生のカメを飼育する余分なスペースはアリマセン。。。
 其の電話には、「触ったら手を洗う事。
 「此処へ持ち込まれても、生きたまま冷凍庫へ入れざるを得ない事。」
 を伝えました。
 今更、ミドリガメ云々、云うつもりはアリマセンが、
 子供が感染する菌について考えたら、砂場の方が、タチが悪い。と思います。
 要は、「手を洗う」につきます。
我が家でも、MyF1♂が飼育中の亀や窓に飛んで来た蟲を触った時には、必ず手を洗っています。
動物由来の感染症に関しては http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/を参照願います。
私は、今更、一般の方が「ミドリガメ」を飼育スルベキデハナイ。
と考えておりますが、其れは、持余す位大きくなる事、噛み付く事によります。
が・・・・「カメ」は子供も好きな生き物です。
この通達により、多感な時期に、亀は基より、爬虫類に触れる機会が少なくなる事に対し危惧を覚えます。

さて、先日、載せたキアゲハの2令幼虫が4令になっていました。
幼虫期から、綺麗です。私の好きな蝶ランキングの上位定着組です。
ところで、日本産キアゲハの学名は
 Papilio machaon hippocrates C.etR.FERDER
(属名) (種名) (亜種名)   (命名者)
となりますが、マカオンはギリシャ神話の登場人物で、
医療の心得があり、スパルタ王メネラオスの傷を治した人物。
其の連想からか、日本産キアゲハ(亜種)は、ギリシアの医学者ヒポクラテスの名に因み、命名されたそうです。

引用・参考文献
ミシシッピアカミミガメ由来のサルモネラ感染症騒動について
 :安川雄一郎 2006 クリーパーNo.32 クリーパー社
キアゲハの学名の話
 :奥本大三郎 2006 ファーブル昆虫記 第1巻上 集英社

20060612-1.jpg



6月14日 (水)  アトボシアオゴミムシ

又、マスコミが喜びそうな動物ネタが続いております・・・・・
東京上野の不忍池で産卵中(このこと自体が凄いが)のワニガメに始まり、
横浜でタランチュラ、相模川で立て続けにカミツキガメ2件・・・・・・
まぁ、マスコミからすれば格好の悪者ですから、嬉しい限りでしょう。。。
防ぐ手立てなど決して報道せず、「悪い」だけが聞えてきます・・・・・・

さて、今日の蟲は久しぶりに綺麗な甲虫。
昨年、10月10日に登場した、アトワアオゴミムシ(Chlaenius virgulifer)の近縁種
アトボシアオゴミムシ(Chlaenius naeviger)です。
エリトラの綺麗さではアトワアオゴミムシ、前胸背の美しさではアトボシアオゴミムシが。
どちらも綺麗なゴミムシです。

20060614-1.jpg



6月15日 (木)  コクワガタ

また、Newsにネタが出ていました。。。
 「青森県の川に130cm程のワニ出現!!!」
釣り人が見たそうですが、私が担当する高速水中翼鳥のプールの水温でも、せいぜい、21℃。
青森の川の水温って、15℃〜17℃位でないですか?
すぐには弱らないでしょうが、そんな、水温の中でワニが活動を続けられるとは考えられないんですが・・・
昨年の爬虫類・両生類逃げ出し騒動の時も思いましたが、
マスコミで作ってませんか???
そう思えてなりません。。。。。。。。。

さて、休みだった今日、MyF1♂も保育園を休み、一緒に過ごしました。
午前中は、一緒にギターを弾きながら歌ったり、お買い物をしたのですが、
午後は生憎の雨。。。
昨日借りたDVDを一緒に見ました。
見たのは・・・・・「仮面ライダー THE FIRST」
最近、ウルトラマンシリーズ以外にも、戦隊物、仮面ライダーにも興味があるMyF1♂。
その、仮面ライダーの最新と云う事で借りました。
アクションが凄いですよ。
ライダーやサイクロンのデザイン(ガンダムシリーズのデザインもしている方)もカッコ好いです!
ただね・・・・ストーリーが恋愛物っぽいってイウノハネ・・・・・ドウカナ・・・・・
サイクロンにオネェchangとタンデムしちゃね。。。。
でも、豪華で面白かったです。

さて、今日の蟲ではなく、昨夜、一日一蟲をUP後に我が家の窓でライトトラップに遭った蟲。。。
コクワガタの結構形の良い♂です。
コクワ到来に大興奮のMyF1♂です!!
最近、大分蟲を触れるようになってきた彼ですので、勿論、手を出し・・・・・
初挟まれです(笑)。。。。。
大泣きしましたが、好きなクワガタですので我慢します。。。
こうやって、蟲の触り方を覚えて行ってくれるのでしょう。。。
バカ親私は、「これで、又、蟲を嫌いになるかな・・・・」なんて、思ってしまいましたが・・・
杞憂で済んでいるようです。。。がんばれ!!MyF1♂!!!
あ・・・画像撮影中もMyF1♂は挟まれました・・・・ので、私の手です・・・

20060615-1.jpg



| 1 | 2 |
2006/6
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

前月     翌月