Diary 2007. 2
メニューに戻る
2月2日 (金)  Nikon AF Zoom Nikkor 28-100mm F3.5-5.6G

先日、酔った勢いで前玉を鏡筒ごと外してしまった、28-80mm。
ズームも効かず、ピントはレンズを前後。。。
絞りは効いているのがせめてもの救い。。。
ですが、作例のとおり、写りはナカナカと思っております。
で、2号機を作ろう(今度は鏡筒を残し、フィルター・キャップを付けられるように)と、
中古の同程度のレンズを探していました。。。
ネットで探しても、壊した28-80が1万円近くする・・・・・
2000円位だったら・・・・ナノニ・・・・
壊したレンズを再び買うのに、安いに越した事はありません。。。。
でも、見つからず・・・・
で、居たら、MyF1♂を保育園からお迎え後、自転車で帰宅中に通りかかる質屋に
ナント・・・28-80よりも玉数の少ない(生産中止の為)AF Zoom Nikkor 28-100mm F3.5-5.6G
があるではアリマセンか!!!
値段は8000円。早速、値切ると、7000円になりました。
壊した28-80の鏡筒付き前玉で、前玉だけ外す練習をしますが・・・・・ハズレマセン・・・・
ドウヤッテハズスノ???
クローズアップフィルター付けたりしたいんですが。。。。
で、28-80は、職場へ置き去りにして、
職場でのスタジオ(画用紙スタジオ)撮影専用になっていただきます。

元ネタの海野和男さんの小諸日記はコチラ↓
http://eco.goo.ne.jp/nature/unno/diary/200512/1134884951.html

20070202-1.jpg



2月5日 (月)  チャタテムシの1種

この日は横浜動物園ズーラシアで新人研修です。
まぁ、バックヤードツアーな訳ですが、午前中は自由に園内見学をさせて下さいました。
ズーラシアは実は初めて。。。「いつも混んでいる・動物が見えない」
と、勝手な思い込みから今まで行きませんでした。
で、その、ズーラシアの第一印象は・・・・「TDLか???」です。
義岩やFRP製の飾りつけが沢山。植栽も沢山。
でも、流石に平日。「混んでいるわけでも」マシテヤ「動物が見えないわけでも」アリマセンでした。
午後はバックヤード見学&繁殖センター見学(でも、ツシマヤマネコは見られません)。
で、懇親会へと続きます。。。
新人研修ですから・・・・私は結構(もしかして1番?)な年長者です。。。
で、まぁ。。。「自治体にお金がある時に、使えるだけ使って作ると、コンナニ良いZOOが出来るのね。」
だ、そうです。。。羨ましい。。。。

で、植栽沢山のズーラシアでは、鳥は沢山見られたものの、蟲は殆ど見られず・・・・
「バンジロウ?」と、思われる常緑樹の葉裏からようやく見つけたのは、
チャタテムシの1種。種類までは判別できませんでした。

20070205-1.jpg



2月8日 (木)  むしの にんじゃたち

数日、気分が上がらず・・・・ナントカ動いている始末でした。。。
その最中にズーラシアでの研修なんかもあるし・・・・
気分が重い毎日。。。ズーラシアで見つけた蟲の画像は
カメラごと我奥様が仕事へ持っていってしまったので、後日、一日一蟲に掲載します。。。
で、今日もそれ程気分が上がらないので家で大人しくしています。。。
で、蛾を撮った画像が数点有ったのだけれど、同定不可能でUP出来ません。。。
なので、先日、MyF1♂に買い与えた本の話。
世界文化社 ふしぎだな?ブック5 むしの にんじゃたち 海野和男著 です。
最近、「えだに ばかした むし?(ナナフシ)」
 や、「はっぱに ばかした むし?(コノハムシ)」
など、「擬態」に興味を持ってきたようで、そこへ、大ファンである、海野和男さんの
幼児向けの本を見つけたので、即購入。。。
中身は全てひらがなで、蟲の解説だけ、大人用に漢字もあります。
最近、ひらがなを読めるようになったMyF1♂にも気に入ってもらえたようで、
いつも大きな声で音読しています(笑)。
MyF1♂は4歳半です。同年代のお子様がいらっしゃる方、オススメです。
なんと言っても、写真が素晴しいです。。。

20070208-1.jpg



2月9日 (金)  大昆虫記

実父が再入院しました。今回は、我が家からも実家からも
徒歩5分程度で病室まで行けます。
緩和ケア病棟は至れり尽くせり。。。凄いです。
家族用のマッサージチェアまであります。
まぁ、MyF1♂がランドセルを背負うまで頑張ってクレレバ、素晴しいのですが。。。

私も、今日は病院でした。
薬を取りに行くのを忘れてしまいましたが、本当は来週で良いので、まぁ、良いかな。。。

なので、今日も蟲を見ていないので、最近買った本。。。
海野和男さんの、大昆虫記です。凄いです。。。
いいです。。。
羨ましいです。。。。

20070209-1.jpg



2月10日 (土)  ユウレイナナフシ

MyF1♂が昨夜から発熱。。。
まぁ、明日のスキーが楽しみで知恵熱みたいな物でしょうし、
今日はもう、熱も下がっているのですが、咳も出ているので、念のため病院へ。
で、ついでに買い物も少し。。。
のあと、父の見舞いに。。。

で、そんな日に、蟲が撮れる訳も無く・・・・・
と、思っていたら、久しぶりにオークションで落札した、ナナフシの卵が届きました(2日前ですが)。
出品者はリンク先でもあります、奇なる蟲たちのケイsan。
http://www.geocities.jp/itiiekawa/index1.html
↑にて、成虫画像ほか、成長過程も御覧いただけます。
孵化率悪いんですって。。。どうしよう。。。

ユウレイナナフシ Extatosoma tiaratum
オセアニアに生息。
楽しみです。。。

20070210-1.jpg



2月12日 (月)  アズマヒキガエル

昨日は1年に1〜2回しか行けないSKIです。
新幹線が取れなかったので、車にしました。
以前は、週に2回は行っていたので、それ様(?)に4WDでしたが、今はFF・ノーマルタイヤ。。。
怖いので、スキー場まで雪の無い所を選びます。
そこが、「富士見パノラマスキー場」。。。
中央道で事故渋滞が有りましたが、4時間程で着きました。
が・・・・以外と混んでる・・・・まぁ、3連休中日、コンナモンカ。。。。
レンタルで板(1mのファンスキー)とブーツを借りて、スタートです。
ゴンドラで上へ行くと、八ヶ岳が眺望できます。
気持ちいい!!でも・・・アイスバーンの上にザラメが被さったコースですべりは。。。。
まぁ、体が痛くなる前に止めます。。。
MyF1♂はご機嫌でそり遊び&雪遊び。。。
最後に、抱っこで1本滑って帰宅です。。。
楽しかった。

で、今日はナゼカの5連休最終日。。。
我奥様は仕事ですので、MyF1♂とマッタリすごします。
お昼頃、暖かいので裏山へ散歩。。。。
前玉を外した28-100mmを試しますが、相変らず「マエムキダマシ」しか居ない・・・・
しかも、このレンズ・・・・白く写る????
オートで撮ると、それなりに写るので、ライティング(デフュージング)にもう一工夫必要です。
池の方でナニヤラ低い音が・・・・
近づいてみると、アズマヒキガエル Bufo japonicus formosus です。
まだ、抱接だけで、産卵はしていませんでしたが、楽しみです。
昨年までは見られませんでしたから。。。。

20070212-1.jpg



2月13日 (火)  ヨコヅナサシガメ

6日ぶりの出勤はショックな事が幾つか。。。
一つは担当している、特定外来種指定獣が老衰で死去。
特段なついているわけではなく、何時も寝ているばかりでしたが、
餌の時間に顔が見えないのは寂しいものです。。。
そして、もう一つは・・・・
私が馴化している、白い鸚鵡2羽が居ます。
1羽は、私とほぼ同年齢の個体で、5日間会わなくとも、スグに寄ってきてくれました。
この個体、懐いているのが嬉しい半面、私の手に止まっている間に誰かが話しかけてくると、
相手を攻撃しに行きます・・・・・。
そして、私が居る事を認識していると、ケージ前を素通りしようものなら・・・・・
大騒ぎです。。。でも、其処は、老齢の鸚鵡、手に乗ると、
私の体に身を寄せて、ジッとしています。若い個体のように遊んで欲しい訳ではないようです。
そして、もう1羽、約1歳半の若い個体。コチラは、一般飼育者から譲渡された個体です。
ようやく手に乗るようになり、懐いてきました。
其処へ、5日間の休暇です。。。心配事でもあったのですが、当たってしまいました。。。
怖がって近寄ってくれません。。。
5日間の間にドンナ事があったのでしょう。。。
若い鸚鵡程、神経質で気が小さいので、チョットした何時もと違う事がストレスになってしまいます。
夕方には少し、手に乗ってくれたので、これから又、徐々に馴れてもらいたいものです。。。

さて、今日は地元小学校による巣箱掛けがありました。
昨年の巣箱を外していると、ヨコヅナサシガメやヤニサシガメが越冬しているのですが、
今年は見当たりません。。。と、思っていたら、
ナンノ陰にもなっていない、オープンな所に集団が・・・・
十数匹固まっていました。。。
ヤッパリ綺麗だなぁ。。。

20070213-1.jpg



2月14日 (水)  日本のクモ

春の嵐ですねぇ。。。

数日前の新聞に「ホタル復活の副産物 外来巻貝増殖」と、ありました。
神奈川県内の河川にて、繁殖力の非常に強いニュージーランド原産の巻貝、
「コモチカワツボ Potamopyrgus jenkinsi」が8河川で確認されているそうです。
「コモチカワツボ」は単為生殖出来るので、異常に繁殖力が高く、
「カワニナ」と競合する上、駆逐の可能性もあるそうです。
更には、川底の藻類を食べつくしてしまう事が考えられ、魚類にまで影響が考えられるそうです。
では、何故、ニュージーランドの「コモチカワツボ」が殖えたのか???
其処には、日本各地での、「ホタル復活」と云う、「美談の様な話」があります。
インターネットオークションででも販売されている、出所不明の「ゲンジボタルやヘイケボタル」
ホタルに地域型があり、その混交雑が懸念される話はここでは於いておきますが、
その、「ホタル養殖」の為の餌となる、「カワニナ」の代用食として輸入・増殖された物が、
河川へと流出、繁殖したようです。
「自然回帰の為のホタル放虫」と云う、「美談のように聞える話」も嫌いですが、
そのための「ホタル」を育てる為に、国内の河川を荒らすような外来種を必要とし、又、その外来種が実際に神奈川県内8河川で確認されている。
「本末転倒」とは、このことではないでしょうか。
もう一節あったのですが、クドクなりそうなので、別の機会に。。。

で、今日は、蟲を見るわけも無く。。。。
で、最近購入した本の紹介。
 「日本のクモ 新海栄一著 文一総合出版」です。
クモ・・・・以外と好きなのに、見分けがつかないのが悩みでした。
豊富なカラー写真で見る楽しみも在ります。
2種ほど、知りたかったクモがいるのですが、まだ、見つかっていません。。。

20070214-1.jpg



2月16日 (金)  カニグモの1種&???

昨日は飼育係の試験(ナンノコッチャ)がありました。。。
まぁ、勉強する訳ですが、ヤマはハズレ・・・・
15年ぶりくらいのテストって。。。

これ以上ネタが無いので、今日の蟲。。。
蟲が見られない日の定番その3、欅の樹皮剥し。。。
で、居たのが、喰う者と喰われる者。。。
喰う者は、先日購入した図鑑により、
カニグモ科(Thomisidae)キハダカニグモ(Bassaniana decorata)と、思われるのですが、
隣の喰われる者・・・・甲虫は???
誰でしょう?????

20070216-1.jpg



2月17日 (土)  昆虫の擬態

今日はmmmMyF1♂の保育園のお遊戯会です。
朝から、カメラ(ビデオ&スチール)を用意します。。。
そして、今日は本当は出勤だったのですが、明日の公休を交代してもらう事が出来ました。
さて、昨年は、同じクラスだけの出し物で、略主役状態だったのですが、
今年は、年上のグループと一緒で、「北風」役です。
それでも、シッカリ、台詞を話、歌も踊りも頑張っていました。
「後から頼んでも恥かしがってやってくれませんでしたが・・・・」

そんな訳で、今日も蟲を見て居ないので、先日、まとめて買った本シリーズ。。。
7&Yで頼むと、近くで受け取れるので便利です。
アマゾンは・・・・私には以外と合わない・・・・
年末に頼んだ本が未だ届かないし。。。
1500円以下だったたから、送料も掛かるし・・・・

20070217-1.jpg



| 1 | 2 |
2007/2
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

前月     翌月