Diary 2019. 4
メニューに戻る
4月1日 (月)  ツレヅレナルコト

只今バンコクです。
ダニに喰われています。
乗り継ぎです。

チョウの図鑑を買いました。
国に独特の雰囲気が見られて楽しいです。
この旅の仲間ともう一度旅をしてみたいものです。


4月2日 (火)  シャクガ科の一種

帰国しました。
家へ着き、まずシャワーを浴び・・・・・皮膚科へ・・・・・
ダニをとってもらいました。皮膚ごと切除するプチ手術でした。。。

夕方、「裏山」へ糖蜜を播きに行き、暗くなってから回ったのデスガ・・・・・
ナニモ居ない・・・・・

ぢゃぁ、ネパール総集編。。。
『今日の蟲』は、【 シャクガ科の一種 】 です。
「フユシャク」と思われる種です。。。

今回、ネパールへ行き一番感じたのが、「薪」にする為の過剰な森林伐採。
これは、動物を保護する上でも重要な事柄です。。。
山もカナリ乾燥しており、『蟲』も少なく感じました。。。

シャクガ科の一種 鱗翅目 シャクガ科 ネパール連邦民主共和国
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-U + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40


4月3日 (水)  ナナフシモドキ

十数日ぶりに職場の動物園へ出勤すると・・・・・一面、満開の桜。。。
外来種の [ スミレ:<i>Viola papilionacea</i> ] も咲き始めていました。

そういえば、日本を発つ前に「孵化」してしまっていた、[ フチグロトゲエダシャク ] の「幼虫」デスガ、
全てではナイモノノ、その殆どが死亡・・・・・10数匹が見られるだけでした。。。
トハイエ、全てが生き残っていたのでは数が多すぎるし・・・・・
この位で丁度ヨイのかもしれません。残りは全て「羽化」へ持ってゆかねば・・・・・。

『今日の蟲』は、【 ナナフシモドキ <i>Baculum irregulariterdentatum</i> 】 です。
種小名は、ラテン語で「不規則な歯状突起」の意。
【 ナナフシモドキ 】 は、通常、単為生殖を行う、♂が極めて珍しい。という『蟲』です。
どの位、♂が珍しいのかというと、7〜8例の発見例しかないそうです。。。
非常に珍しいという、【 ナナフシモドキ 】 の ♂ 個体。私も見てみたいものです。。。

ナナフシモドキ <i>Baculum irregulariterdentatum</i> ナナフシ目 ナナフシモドキ科
神奈川県 川崎市 iPhone8


4月4日 (木)  ヤブキリ

職場の動物園でも桜が散り始めました。
桜が散り始めると気になるのが・・・・・[ ウラシマソウ ]。
昼休みに南向き斜面を見に行きました。
株数が昨年に比べ減っています。更に数年前と比べると・・・・・1/10以下です。。。
コレは、草刈を強く地際から行なう為に来年の芽になる部分まで刈られてしまう為でしょう。
園長に頼み、草刈を弱めてもらうよう頼みました。
さて、[ ウラシマソウ ] の開花も撮影できたので・・・・・仕事に戻ろうとすると・・・・・
目の前を飛び過ぎたのは、今年初認となる [ ツマキチョウ ] です。
しかし・・・・・ロスト・・・・・
明日は、一眼レフを持って行こうと思います。

『蟲』も撮れぬままに帰宅(まぁ、仕事ですからねぇ・・・)。。。
何気なく見た天井に着いていた『蟲』・・・・・
『今日の蟲』は、【 ヤブキリ <i>Tettigonia orientalis</i> 】 です。
種小名は、ラテン語で「東」の意。初齢幼虫です。
何故、初齢幼虫が我家の天井に着いていたのか・・・・・?
ワカラヌママに「裏山」側へ逃がしました。。。

【 ヤブキリ 】 は、若齢時には、「花粉」や「花弁」を食べて大きくなりますが、
齢が進むにつれ、「肉食」度が増してゆき・・・・・「成虫」時にはほぼ「肉食」となります。

え・・・・・ネパールの目的だった動物???
え〜〜〜〜っと、鋭意特集頁を製作中です。。。
今しばらくお待ちください。。。

ヤブキリ <i>Tettigonia orientalis</i> 直翅目 キリギリス科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-U + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f2.8 Macro + Nissin i40


4月5日 (金)  モンシロチョウ

昨日の [ ツマキチョウ ] を求め、昼休みに南向き斜面へ。。。
風が強く、桜が荒れ狂った様です。。。

[ ツマキチョウ ] は現れず・・・・・

『今日の蟲』は、【 モンシロチョウ <i>Pieris rapae crucivora</i> 】 です。
ちょっと、止まっていないのがバレバレな写真ですが・・・・・コレしかなくて・・・・・

明日、まじめに更新します。。。

モンシロチョウ <i>Pieris rapae crucivora</i> 鱗翅目 シロチョウ科  神奈川県川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-U + M.ZUIKO 12mm F2.0 + Nissin i40


4月6日 (土)  アゲハ

本日休日。
家の近くをグルグル。。。
「裏山」でも [ ツマキチョウ ] の発生が始まりました。
今日は、[ ツマキチョウ ] を追う事にします。が・・・・・
ロスト・・・・・2頭を逃がしました。。。

世間の「蝶屋」さんは、[ ギフチョウ ] なのでしょうが・・・・・
私・・・・・何故か [ ギフチョウ ] に好かれていません・・・・・
なので、数年に一度撮れればヨイかなぁ。。。と・・・・・

『今日の蟲』は、【 アゲハ <i>Papilio xuthus</i> 】 です。
似て意なるモノ・・・・・
3個体が代わる代わる入れ代わり、楽しませてくれました。

ソウイエバ・・・・・E-M1 Mk-U は、ハイスピードシンクロしないのかな???
1/250sec. ではちょっとスピードが足りない。。。
ブレすぎてしまいます。。。まぁ、完全に止まった写真よりは好みデスガ・・・・・

アゲハ <i>Papilio xuthus</i> 鱗翅目 アゲハチョウ科  神奈川県 川崎市
OLYMPUS OM-D E-M1 Mk-U + M.ZUIKO 12mm F2.0 + Nissin i40


4月7日 (日)  ナガメ

今日も昼休みに南向き斜面をフラフラ・・・・・
『今日の蟲』は、【 ナガメ <i>Eurydema rugosa</i> 】 です。
標準和名は、「菜亀」「菜の花」につく「カメムシ」の意です。
種小名は「縮緬」の意。
植栽された [ ハボタン ] にいました。。。

え〜〜〜〜っと、今日はここまで・・・・・

ナガメ <i>Eurydema rugosa</i> 半翅目 カメムシ科 神奈川県 川崎市
OLYMPUS Tough TG-5 + FD-1


4月8日 (月)  シロテンエダシャク

本日、職場の歓迎会。
まぁ、ヨロシクって事で。。。
『今日の蟲』は、【シロテンエダシャク】です。
え&#12316;&#12316;&#12316;&#12316;っと、それだけです。
あ、突いたら音を出しました。
結構、びっくりです。。。
iPhone8神奈川県川崎市


4月9日 (火)  メスアカケバエ

『今日の蟲』は、【 メスアカケバエ <i>Bibio rufiventris</i> 】 です。
春だけに出現する。と、いう点では・・・・・「スプリングエフェメラル」の範疇に入るのでしょうが、
まぁ・・・・・ハエです。。。

ハエです・・・・・ハエです・・・ハエです。。。

赤くても・・・・・ハエです。。。

おされでも・・・・・ハエです。。。

ハエです・・・・・ハエです・・・ハエです。。。

メスアカケバエ <i>Bibio rufiventris</i> GX200


4月10日 (水)  フチグロトゲエダシャク

本日休日。
なるも・・・・・冷たい雨。。。

ネパールの写真を整理したりの一日。。。

『今日の蟲』は、【 フチグロトゲエダシャク <i>Nyssiodes lefuarius</i> 】 です。

その、ネパール行前日に「孵化」してしまった、【 フチグロトゲエダシャク 】。
「孵化」幼虫は膨大な数がいましたが・・・・・ネパールへ行っている間に自然淘汰。。。
15頭が生き残りました。。。
この位なら飼育できるかな。。。
餌は、[ ヨモギ ] を与えています。
2齢幼虫から、4齢幼虫まで現在飼育中です。

さて、ネパールへ [ RED PANDA ] を見に行くツアーですが、この <a href="https://www.redpandanetwork.org/">サイト</a> から申し込めます。
合計で40諭吉&登山用品代金がかかりました。。。
ネパールでは日本円で2諭吉も使っていません。。。

必ずミラレルモノではアリマセン。
そして道中は登山レベルが結構高め設定です。
はっきり言って・・・・・苦行です。。。
しかし、見られた時の感動は他に代えがたいモノです。。。

ナカナカに険しい道中ではアリマスガ・・・・・

フチグロトゲエダシャク <i>Nyssiodes lefuarius</i> 鱗翅目 シャクガ科  東京都 多摩川産
GX200 Buirt,inn-SpeedLight


| 1 | 2 | 3 |
2019/4
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

前月     翌月