Diary 2023. 1
メニューに戻る
1月1日 (日)  謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年も、蘭丸・青い捕虫網・一日一蟲を
よろしくお願いいたします。

チャバネフユエダシャク Erannis golda

年跨ぎ仕事も終わり、少しの仮眠を終えてフィールドへ。
今年の初蟲は、「ゴルダ」こと、チャバネフユエダシャクの交尾態。
「ゴルダ」は日付が変わる頃「交尾」をするので、ソノ頃を狙う。
ビンゴ!。丁度、「交尾」をしている個体を見つけた。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkV + M.ZUIKO 60mm Macro
+ STF-8
神奈川県横浜市 3pp.

20230101-1.jpg



1月2日 (月)  クロオビフユナミシャク

Operophtera relegata

早朝、日の上る前に参拝に訪れた神社の提灯にて。

RICOH GRU
神奈川県川崎市 Y

20230102-1.jpg



1月3日 (火)  チャバネフユエダシャク

Erannis golda

苦節18年。とうとう、Yフィールドにおいても
「ゴルダ」の♀を見つけることが出来た。
2年に1度程度の間隔で♂個体を見てはいたのだが、♀は初めて。

しかし、単独で居られると、この蟲が「ガの仲間の♀」である事に気付けるであろうか。
最初に、「ガ」である事を見つけた人は凄いと思う。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkV + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8
神奈川県川崎市 Y

20230103-1.jpg



1月4日 (水)  ムラサキツバメ

Narathura bazalus
夜間・朝夕は寒いが、日中は穏やかな天気の正月であった。
今日も日中は暖かく、「ツ」が舞っていた。
人通りが途切れた時に止まるのを待ち撮影。
♂の「翅表」を撮るのは難しい。

RICOH GRU
神奈川県川崎市 Y

20230104-1.jpg



1月5日 (木)  ヒロバフユエダシャク

Larerannis miracula

神社の塀で「冬尺の♀」を見つけた。近寄ると・・・・・びっくり!!
本来、2月中旬に出現する筈の 【 ヒロバフユエダシャク 】 であった。
その場で撮影もしたが、GRでは大きく写せない。ので・・・お持ち帰り。

OLYMPUS OM-D E-M1 MaekV + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8 深度合成モード
神奈川県川崎市 Y 自宅撮影

20230105-1.jpg



1月6日 (金)  イチモジフユナミシャク 交尾

Operophtera rectipostmediana

寒い・・・・・気温0℃・・・・・凍てつく寒さ・・・・・
フィールドに着いてスグに「交尾」をしている「冬尺」が目に入る。
カメラをヒップバッグから出し、近寄ると・・・・・
今シーズン初の 【 イチモジフユナミシャク 】 だ。
♀個体はエメラルド色の翅を持つ。
この「翅」に少し個体変異が見られ、画像の個体よりも少し大きな個体が見られる。
エメラルド色ももう少し濃い個体が見られるので、ソレを見つけたい。
目的の蟲が観られると嬉しい。が・・・・・寒いものは寒い。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkV + M.ZUIKO 60mm Macro
+ STF-8
神奈川県川崎市 i

20230106-1.jpg



1月7日 (土)  ウスバフユシャク

Inurois fletcheri

今シーズン、【 ウスバフユシャク 】 が見られない。
と、思いながら観撮を続けていた・・・・・ようやく・・・・・1頭飛んでいる。
と・・・・・その先に、交尾Pr. を見つけた。
【 ウスバフユシャク 】 は、灯を照らすと♂個体が「翅」を閉じてしまう。
その前に撮らなければならない。不安定な足場でなんとか撮影できた。
OLYMPUS OM-D EM-1 MarkV + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8
神奈川県川崎市 i

20230107-1.jpg



1月8日 (日)  クロバネフユシャク

Alsophila foedata

Yフィールドで3頭目の「♀フユシャク」を得た。
[ Alsophila ] は、昨日掲載した、[ Inurois ] に比べ体が大きいので見つけやすい。
しかし・・・・・GRU では大きく写せないので、お持ち帰り。。。
自宅で深度合成撮影した。

そうそう、先日 [ ♀ゴルダ ] を掲載したが、今日「♂個体」も見つけた。
細々とでも良いので、その姿を見せて欲しいと願った。

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkV + M.ZUIKO 60mm Macro + STF-8
神奈川県川崎市 Y産 自宅撮影

20230108-1.jpg



1月9日 (月)  チャバネフユエダシャク

Erannis golda

「裏山」にて。
MyF1♂ の成人式で、送迎係であった・・・。
ナンダカ感慨深い。。。

OM SYSTEM OM-1 + M.ZUIKO 8mm FISHEYE + FL-600R
神奈川県川崎市 「裏山」

20230109-1.jpg



1月10日 (火)  シモフリトゲエダシャク

Phigalia sinuosaria

日付が変わった頃、ゴソゴソと寝床から這い出し・・・「蛾撮り」へ。
【 シモフリトゲエダシャク 】 が発生していた。
この種もまた、月末になってからの発生が普通である。
今年は「フユシャク」の発生が早いようだ。
「フユ」とつかない「フユシャクの仲間」。
早く♀が見たいところである。

20230110-1.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2023/1
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

前月     翌月