Cheirotonus parryii Gray
     パリーテナガコガネ
 タイ北部、ミャンマー、ラオス、インド北東部、ネパール東部に分布。
 ♂は体長70mmを超え、前腕中央部の刺状突起が長く、迫力のある、種である。
 画像の♂は’03年7月7日に通関後、’04年1月2日まで、活きていた。

 
 ミャンマー ミンモレンカット産 '03.7.上旬       ♂67mm

 
  タイ ウィアン パパゥ産 '04.5.29 腹板全体に毛の無い♀。

 
 '04.12.23              '05.2.14            '05.4.30
  待望の♂蛹です。         羽化しました。        確認の為、開けてみると・・・・
  スパイクが確認できます。                    Prだと思っていたのに、2♂♂でした・・・・
  上記画像は全て タイ ドイ サケット産


                                                                        

 Cheirotonus peracanus Krische
     マレーテナガコガネ
 マレー半島に分布。1000m以上の高地で、採集される。数の多少はあれど、通年発生しているのか、
 12月下旬に通関した、個体を飼育したことがある。
 他のテナガコガネと比べ、♂♀共に、前胸背の点刻が全体(中央部含)に広がり、多種との区別が、容易。

       
 Cameron Highlands  '02.07.23                   04.01.04
  
 
 

 ’04.7.31
  あまり、大きな個体ではないです。
  前肢符節が黒くなっています。
  無事、羽化できますでしょうか。
          
                                                 この蛹は羽化不全で死んでしまいました。








  
  ’04.11.04 Cameron Highlands 産 ♂59mm 交尾時間は長く、この時は約45分